So-net無料ブログ作成

娘がイギリスに語学留学 [社会]

海外旅行といえば、私は二十数年前に一度だけ新婚旅行でオーストラリアに行っただけ。しかもパック旅行だったので、ほとんど英語を話さずに済んだ。最終日は現地に親友が居たので訪ねた(というか、親友を訪ねる為にオーストラリアに行ったようなものだ!)が、英語ペラペラの親友に驚いたものだ。


なんと、娘が三カ月間語学留学の為にイギリスに行くのだそうだ!


英文科でもあり、大学の斡旋で交流のある現地の大学とのことなのだが、とにかく心配で心配で仕方ない。


可愛い子供には旅をさせろ!というが、日本国内の旅のことではないのか?まさか地球の裏側とは!?しかもそれは、男の子に勇気や度胸や知恵を持たせるための言葉であり、女の子は想定外の言葉なのではないだろうか?と今どきの国際社会に有り得ない父親の発想である。まさに映画「96時間」のリーアム・ニーソンの心境である。


あの初代総理大臣:伊藤博文も長州ファイブの一人としてイギリスに留学しているし、日英同盟の歴史もある。が、イギリスと南方戦線で戦った歴史もある。今のイギリス人は親日なのだろうか?とにかく、娘の無事を毎日祈ることにする。


それにしても、行動力には驚かされる。これも両親の優性(顕性)遺伝のお陰だろうか?

nice!(4)  コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感