So-net無料ブログ作成

公立高校の甲子園出場 [社会]

春の選抜高校野球(春の甲子園)出場校が決まった。我が中国地方からは呉市立呉高等学校が選ばれた。本当におめでとうございます!心よりお祝い申し上げます!

というのも、私はその高校で2003年から毎年「産業社会と人間」という授業で1年生約160名を前に1時間半の「ライフプラン~これからの人生をどのように設計するべきか?」という題目の講演を依頼されて行ってきた。確か5年続けたのではないだろうか?ということは延べ人数800人の生徒+先生20人の820人が私の話に耳を傾けてくれたことになる。

その高校は戦後、家庭科専門校としてスタートしているので女子高だったが、平成10年(1998年)に男子生徒も受け入れる総合学科として生まれ変わる。私が最初行った時も約9割が女子生徒で圧倒された記憶がある。

その後2007年に甲子園出場経験のある監督を招聘し、設備を含めた野球部の強化を行い、10年後の2017年初出場を果たすのである。昨今の高校野球は私立高校が県内外から有力選手をかき集め、全寮制などで食事やトレーニングマシーンを作った肉体作りを行っていく。私の息子も高専からの甲子園を目指していたが、近所の私立高校は全寮制で食事はご飯1日一升(茶碗10杯)がノルマなんだとかで、体も180cm級の選手がゴロゴロ。そんな中で地元の中学校から公立高校へ進学し、限られた財源の中での設備で創意工夫し、親の愛情のこもった手弁当でがんばって(相当に私の個人主観ですが)甲子園出場を果たすことがどんなに大変で凄いことか。昨年我が山口県から出場した高校ナインのほとんどが県外メンバーだったのに驚いた記憶がある。

さて、2006年で私のライフプラン講演は終わったが…講演の1時間半の内の1時間は「言霊(ことだま)の不思議」と大切さだった。その時の1年生~3年生が「ツイてる!ついてる!」他の良い言葉を口癖にしてくれていたとしたら?…しかも、それが伝統となり口述継承されたとしたら?…そして実力のある監督が指導し、市の財源応援もあり設備バックアップもあり10年後の甲子園出場へと繋がったとしたら…?と勝手な想像をするだけで嬉しくなる。

春の選抜はこの中四国地方に限れば、9県中5校しか選ばれない。秋の県大会で優勝か準優勝しても山口県のように選ばれない場合もある。中国大会や四国大会で優勝か準優勝しなければならないのだ!カープのある幼い頃から野球に親しみ、しかも県内外からつわものどもの集まる野球王国広島県で公立高校が春の選抜に出場するのは至難の業だろう…。


呉市立呉高等学校、のどかな環境の中にある素晴らしい高校です!本当におめでとうございます!ひと昔前少しでもご縁があったものとして陰ながら応援しております。本当に「ツイてる!」


nice!(5)  コメント(3) 
共通テーマ:日記・雑感

栄養学音痴の医師? [健康]

私の痛風についての履歴を振り返った。というのも今日の武田教授のお話を聞いて、やはりそうだったのか!?自分の身は自分で守らなければならない!そう感じた。


武田教授【健康?医師と栄養学】医学大学で栄養学は教えない。医師は栄養学音痴。だから痛風やコレステロールで間違い。栄養学自体が未発達。…とある→ http://takedanet.com/archives/1073809514.html


まぁ私自身がモルモットとなって、このブログを通して実験台としてさらせば良いかもしれない。痛風を発症した際の参考になれば幸いである。


・6年前に痛風発作を発症:右足親指付け根が真っ赤に腫れ、夜一睡も出来ずに病院へ。

・痛め止めをもらい、腫れが引いた1週間後に再度検査(尿・血液)をしましょう!と言われた。それまでは水分はしっかり(1日2リットル)飲んでお酒やお肉を控えて下さいと言われた。(これは対処療法に過ぎず、解決策ではないことを武田教授より教わる。)

・尿検査・血液検査で尿酸値が高いので「痛風」と診断され、薬を処方されようとした。

・そこで、「薬に頼るのは抵抗がある」と私が医師に伝えた為、それでは処方しないので半年後に尿検査・血液検査して尿酸値が改善されていなかったら薬を処方します!と言われて帰る。


↑ここで半年後に病院に行くべきではなかった。もしくは半年後に経過検査をしても処方は断るべきだった。なぜなら半年間何も症状が出ずに薬に頼らず生きていけてたからだ。

医師に脅されたと感じたのは「尿路結石」や「糖尿病」に発展すると言われたから薬に頼ろうとした私が負けたのだ。周囲に糖尿病の知り合いが居て、治療や食事内容を聞くと人間の生活では無いと感じたのも一因にある。

武田教授の話からすると「医者が儲かる薬」のベルトコンベアーに自ら乗ってしまった。鴨がネギをしょってきたのが私なのである。それとお酒を控えるように言われ昭和30年代の食事をしなさい!当時ヒットした映画「三丁目の夕日」のような食事である。武田教授も度々語られているが、年齢に関係無く一律な数値基準で高血圧と診断され、降圧剤を飲み、味気ない減塩食にさせられる、または、メタボと診断され、コレステロールと関係がある食事制限で食べる楽しみを奪われる。人生を選択するのは患者本人であって、医師に一律に人生を決められるというのもどうかなぁ…と最近はやっと目覚めてきた。が、投薬後6年経過している。

その後、食事からの影響は2割と分かり、母が腎臓系の異常があるというのと兄も痛風発症していることから遺伝によるものとわかる。ということは遺伝子治療しかないのでは?薬による体内システムを逆に壊したのでは?医者を盲信した自分がいる。自分でその枠からはみ出る勇気もなかった。武田教授のお陰でその呪縛から解き放とうと自分で学ぼうとしている。人生がまだ半分残されているのなら、まだ早いと思うべきなのだろう。

薬に頼るのは簡単だが、自分の体内システムを壊すこともあるし、好きな食事やお酒を控えてまで人生を楽しまないのもどうかと感じる。何の為に自分は生きるのか?それが病気や症状を通して問われている。


nice!(6)  コメント(3) 
共通テーマ:日記・雑感

映画「マンマミーア here we go again」 [映画]

映画「マンマミーア!」の続作の「HERE WE GO AGAIN」を観た。


最初、眠たくなるような内容だったが、オプションの制作秘話やABBA「Dancing Queen」「Super Trouper」の80年代音楽に癒された。故にこれを観るにはオプションや特典映像にあるカラオケで楽しんで欲しいと思います。映画だけを観た人が①だとすると、特典映像を観た人は①+①=②といった感じです。DVDにあるカラオケで「Dancing Queen」を歌った私は①+①+①=③というお得な感じです。80年代って本当にいい時代でした。(経験者は語る)でもダンシング・ヒーローでは無いダンシング・クィーン時代は1970年代。それはそれはキラキラした時代でした…。当時、小学生でしたが、今よりもキラキラしていましたよ!自殺する子なんかいませんでしたから!

温故知新していきましょう!

ダンシングクィーン→



スーパートゥルーパー→



マンマ・ミーア! ヒア・ウィー・ゴー ブルーレイ+DVDセット<英語歌詞字幕付き> [Blu-ray]

マンマ・ミーア! ヒア・ウィー・ゴー ブルーレイ+DVDセット<英語歌詞字幕付き> [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: NBCユニバーサル・エンターテイメントジャパン
  • メディア: Blu-ray

nice!(10)  コメント(3) 
共通テーマ:日記・雑感

ガンにならない方法 [健康]

3人に1人はガンで亡くなる時代。でもお医者さんに言わせるとガンで亡くなるのが一番幸せなのだとか。その真意はわからないが、心筋梗塞も突然だし、脳卒中も突然。死の準備を待たずに亡くなるより、ガンになってじわじわ家族と別れを告げながら亡くなるのが医療現場から言えるのか?それとも心筋梗塞も脳卒中もガンよりも痛いのか?素人なりの想像でしかないが…。


武田教授が科学的におっしゃるガンにならない方法はこれだそうです!→https://www.youtube.com/watch?v=PpRYSu4VvG4


nice!(5)  コメント(3) 
共通テーマ:日記・雑感

相撲御嶽海に学ぶ [社会]

昨日の大相撲で関脇御嶽海(みたけうみ)が68年ぶりの快挙!「休場明け最初の相手が横綱と組まれ、大関以下の力士が白星を挙げたのは、昭和26年秋場所以来68年ぶり戦後2人目の快挙。」なんだとか。

初日から5連勝と好調だったが、6日目の取り組みで骨や靭帯損傷はないものの左ひざの腱を痛めて休場していた。本人曰く「ケガを治すには寝るのが一番」ということで昼寝も含めひたすら寝たのだとか。

武田教授も言っておられるが、意識が遠のくいわゆる眠れなくても、目をつぶって4時間半横になるだけでも、毒素を出し身体の修復を行ってくれるのだとか。7時間睡眠が必要という後の2時間半は脳の画像処理に使われるらしい。

風邪を引いたら暖かくしてひたすら寝たら治るが、ケガも同じだったとは驚きだった。

寝る子は育つ!し、寝る子は治る!し、寝る子は強い!

nice!(3)  コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感